今回の教訓ってなんだろう、と自分自身に、?してみました。


一言で言うと


私には、『マザコン男性は、ダメっていうこと』だと思います。


二人だけの超プライベートなことでも、母親にしゃべってしまう男性、


そんなひと、私には無理です。


現在はこういう男性が、とっても多いそうです。


以前、結婚相談所のカウンセラーさんが、私に言っておられたのを、今になって思い出します。


ベッドやお風呂の中で、散々に私に甘えぬいた彼、


”私の桃の実”を、お口いっぱいに頬ばって、歯の痕が付くくらいに吸い付いて離れなかった彼、


私のベッドで、幸せそうなお顔をして眠って、お昼近過ぎまで目を覚まさなかった彼。


私は、男としての彼を幸せにしてあげたつもりだったのに・・・


なのに、


そういう彼が、超プライベートな私たちの営みについてまで、母親に話していたなんて、ほんとに信じられませんでした。


それが、この前、私の実家へ来られた彼のご両親からのお話でわかりました。


もしかしたら、彼が、以前持ち帰った私の下着まで、お母様に見せていたかもしれません。


そう考えると恐ろしささえ感じます。


でも、考えようによっては、結婚前に、このような彼の人柄というか人間性みたいなものがわかって良かったのかもしれません。


母は、昨日、落ち込んでいる私を気遣って、電話してきてくれました。


そして、


「お母さんはね、いつもmanaの味方よ、本当にmanaを愛してくれる男性が、きっと現れると信じてる・・・」と。


こんな母にも、そして、いつも心配ばかりかけている父にも、いい歳した私は、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


『あ~あ、また、結婚が遠のいてしまった三十路女が独りいる』と、


そんな映像を頭に浮かべていると、


自分をメタ認知しているほど、余裕の自分になっていることに気づきました。


これからもめげずに、私、がんばります。


応援お願いします 婚活ブログランキングはこちらから===>


Source: 36-「私だって幸せになります」(デカ女の婚活記)





from 結婚・婚活 ? 恋愛百科☆恋愛にまつわる情報のまとめアンテナサイト! http://ift.tt/2wvPqG8

via IFTTT
 カテゴリ
 タグ
None