ある女性の話です。



3年間付き合って、まだ結婚の話がしてくれない彼に不安を抱いている(ノ_-。)女性がいました。(彼32歳バツイチ 彼女30歳)


そうしているうちに、彼女の28歳の弟の結婚ラブラブが決まりました。


彼女は、一度だけ弟に会ったことがある彼を、結婚披露宴の2次会パーティーに招待したそうです。


「ん・・・。ごめん。ちょっと、遠慮しておく滝汗


これは、彼が親族と顔を合わしたり、親しくなりたくないということだと察した彼女はひどく落ち込みショボーンました。


賭けに出たつもりだったのに。


「私との結婚、やっぱり考えてないんだわ」と。


それから少し経って、彼は彼女に祝儀袋を渡しました。


「弟くんに心ばかりのお祝い。少ないけどお父さん」。


彼女は「腹立たしくて(`Δ´)貰いたくないような」、

「気遣いが嬉しい
おねがいような」、

「彼との結婚を、この先も待った方が良いような」

複雑な感情を彼に頂いたそうです。



「気が悪いから、”一時しのぎの埋め合わせ的配慮”ってとこなのかも?イイ格好しの彼らしいむっが、もっとも大きく胸に伸し掛かったとか。


それから1年後、2人は破局しました。



別の似たような話もあります。


彼女のお父さんが入院病院(深刻な病気)したと聞いた男性は、やはりお見舞いに行くことができませんでした。


「友達の○○ちゃんも□□ちゃんも、お父さんのお見舞いに来てくれたんだよ~」という彼女に、逆に重さを(・_・;)感じてしまったのでしょうか?


終ぞお見舞いには行かず。


それからしばらくして、お父さんは他界しました。


「お葬式には来てくれたし、いつも慰めてくれたから・・あせると彼女は言ってました。


「それでええんかい!!ほんまに(-_-メ」と心の中で思ったことを覚えています。


その後も曖昧な感じで付き合っていたようですが、彼に別の女性ができ、交際は終わってしまいました。




男性たちは、優しさがなかったわけでじゃないのでしょう。


ちゃんとあったと思います。


でも、”期待されてしまう(結婚を)”ということが、怖かったのかもしれませんね。


心の準備ができていなかったというか、タイミングが合わなかったというか、(残念ながら)そもそもその気がなかったぐすんというか、こういう話ってわりとあるような気がします。


女性はこういうの引きずるのですよね~。


親兄弟が絡む話だと特になんだと思います。


………………………………………………………………………………………………………………………………


オフィシャルサイトの方でスピンオフ(そう表現して良いかどうか?)記事を展開することにしました。


その日のアメーバブログに書いた記事に際してのポイントを書き加えています。


よろしければ重ねて読んでくださいね(*^▽^*)


結婚できないはずはない 今日の記事のポイント


http://ift.tt/2pQdBis



京都の結婚相談所 マリアージュ・コンソルジェ オフィスen




////////////////////////////////////////////////////////




新しいコースを作りました。


IBJに特化したコースです(^∇^)


シンプルかつリーズナブルに活動したい方にお勧めです。


サポート内容も具体的に記載しております。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





資料請求特典:


フォームのメッセージ欄に”お相手に対する希望条件”をご記入くださった方には、

”条件に該当する登録者人数”をお送りさせていただきます。

(記入例)年齢:30歳~35歳 居住地:京都、滋賀、大阪 学歴:大学卒 年収:400万円~

身長:165~ など


IBJ、JBA、IMN、仲人ネットコム、すべてにおいて調べさせていただきます。


「優しい方」「誠実な方」のように、抽象的であったり、詳細につき検索し難いものもあります。










Source: 51-結婚できないはずはない 京都の結婚相談所ブログ





from 結婚・婚活 恋愛百科☆恋愛にまつわる情報のまとめアンテナサイト! http://ift.tt/2ksZcHo

via IFTTT
 カテゴリ
 タグ
None